ぬるすぎる生活

ヨレヨレな人によるヨレヨレな生活ブログ。

新年早々インフルエンザB型になっただよ。

新年明けまして...

明けちゃって早16日...。

年明け早々...インフルエンザB型になりましてやっと治った??ゆのでございます。
オッフオッフ。

いやぁ...長引きますな。
しかも高熱全く出てないんですよ。

お腹こわしたり以外はただの熱の出ない風邪?くらいな感じで元気なもんで。

こんな感じだと本当仕事とか遊びにとか行けちゃうレベルの元気さなので軽く周囲に撒き散らせちゃう感じなんで、こりゃイカーンと思いまして、今回ちょっとインフルエンザB型判定までの体験を書いてみたいと思います。

 

インフルエンザB型までの道のり2018(私の場合)


家族に風邪っぽい症状が出る。(12/29-30)

年末に家族が風邪の症状を訴えはじめた為翌日病院に行って検査をうけたところインフル判定でず。

なんだインフルじゃないんかい!と無防備にしてたところに夜になって熱37度後半になり、翌日38度越えを達成したので救急に行きました。

家族インフルエンザB型判定をうける。(12/30夕方)

土曜日の夕方だったので救急になったわけなんですが、思っていたより空いていて、赤ちゃんやらキッズに囲まれながら待ってると割とすぐ呼ばれて、家族二度目のインフル検査。

二日連続鼻に長い綿棒みたいなのつっこまれる家族。

ここでやっとインフルエンザB型と判定されました。

というのもインフルエンザは熱出たからってすぐ判定が出ない場合があるそうなのです。

もっとすぐわかって欲しいものなんですが相手もやりおるなって感じですね。

ここから私のインフルエンザB型との戦いがはじまります。ボワポ~♪(ほら貝)

マスク、手洗い、消毒...そしてR-1。

ここ数年、私のインフルエンザとの戦いは無敗でした。

勤務先はまさに戦地で、スタッフは次々とインフルにかかり...。

時には

A子「熱っぽいんです~ゲホゲホゲホゲホ!!!!」
B君「喉痛くて...ゲホゲホゴホオ!!!!!」(明らかに顔真っ赤の熱あります顔)

供に後日インフルエンザ判定という中、真横にいたにも関わらずセーフ。

家族もインフルエンザもらってきても、マスクと手洗いとうがいと...

時にはテレビでやってたR-1が割と本気で強さを引き出すらしいというわけで飲み続けたりと.
その都度移らないように対策をとってきて打ち勝ってきたので今回も勝てると思ってました。

それ以前にワクチン打てよって話なんですが、忙しくて打てなかったりすることが多かったんでね...。

今回は更にみかんもプラスしてビタミンにも気を配ってみました。

が....今回、やらなかったことが一個だけありました。

イソジンがなかったという理由でうがいを怠ってしまいました。

なんかお腹の調子悪いんですけど...。(1/1)

元旦にもかかわらず、なんかお腹の調子が悪く。

胃もなんかもやぁとしはじめます。

なんか喉痛いんですけど...。咳もキタヨ。(1/2-深夜にかけて)

喉が痛くなり咳が出始め更に喉が痛くなります。

ここで熱を測ってみるもなんと35度です。

しかし、咳がひどくなり更に喉の痛みも悪化します。

のど用風邪薬で様子見でひたすら寝る。(1/3)

市販ののど用風邪薬をのみつつとりあえずひたすらマスク着用したまま寝まくりました。

途中熱が37.5まで上がりましたが夜には36度台になったのでやっぱり風邪かと思ってましたがとりあえずひたすら寝る事に。

夜中に咳がとまらなくなり喉の痛みが過去最高になり首が腫れる。(1/4夜)

毎回そうなんですが、私の場合風邪は喉が先にやられて、喉を治していると次に鼻に移行し、鼻を治してると喉にもどってくるという感じのエンドレスになるので耳鼻咽喉科に行って一気にやっつけるわけなんですが、なぜか咳だけはいつもぬけず咳がとれるまで一ヶ月以上かかることがざらにある為、今回も想定内の展開でした。

が、ここにきて首が腫れてきたので自力完治を断念して病院に行くことにします。

年始じゃなかったらもう少し早くいくところなんですが、熱がないということと年始で病院が休みだったので///

病院に行きインフルエンザB型確定。敗戦する。(1/5)

いつもならここで耳鼻咽喉科に行くのですが、毎回喉がやられ咳が出始めると止まらなくなるのが気になった為、呼吸器内科もやってる病院にお世話になることにしました。

家族がインフルエンザB型判定を受けたことを伝えましたが、熱があまり出てないので判定がでないかもだよと言われたけど、最近熱がでなくてもインフルエンザになってるという場合があるというのをネットで見てたのでやっとこうと思いお願いしました。

ここ数年受けることのなかったあの鼻に棒をつっこまれるというのをやられたわけですが、あまりにも久しぶりだった為大人なのに変な声出してしまい恥ずかしかった...///

そしてあっというまにクッキリインフルエンザB型判定。

なんかめちゃくちゃ早く判定されてこっちもビックリ、お医者さんもビックリです。

f:id:unoox:20180116110948j:plain

薬局でわざわざイナビルやってくれたよ。
親切だなぁ...。

自分でやれっていわれたら確実に粉末残す自信あったからとてもありがたかったです。(涙)

イナビルは口から吸う吸入型のインフルエンザの薬で1回分というかその日やったら終了。

あと私の場合は喉がやられていたので咳の薬と痰のお薬がでました。 

 

まとめ


こんな感じで私の場合なぜか平熱?が低かったということもあってか最高37.5度だったんですが、これでも2.5ほど上昇しているので36度だったとすると38.5度なんですよね。

そのせいかわかりませんが、平熱が低い人の場合だと37度台でも怪しいのかもしれません。

こんなの稀なのかもしれませんが必ずしも38度以上出るとは限らないという感じでしょうか?

なので、まわりにインフルエンザB型な人がいてなんだか喉とかやられ始めたら病院行くに越したことないと思います。

インフルエンザの場合だと症状出てすぐだと判定が出ない場合が多いので行くタイミングが微妙なんですが...。

特に私のように高熱が全く出てないという場合だと判断も難しいですね...。

というわけでとりあえず、こんな症状でもインフルエンザB型でしたっていう場合もあるので参考になればと思います。

とりあえず...治るまでに11日程かかりました。(歳ねぇ)

因みにその後、虫歯でもないのに歯がめちゃくちゃ痛くなり4日ほど食べ物が食べれなかったっていう打ちのめされた感じではじまりました2018年ですが、今年もぬるい感じで更新していきますので宜しくお願いします!

んではまた~♪

人気記事